教科書に沖縄珍味の味「放射性廃棄物のよう」と表現<<<被殖民的悲哀

教科書に沖縄珍味の味「放射性廃棄物のよう」と表現3/29(木) 18:57配信テレ朝 news All Nippon NewsNetwork(ANN) なぜ、こんな表現になってしまったのか。沖縄の郷土料理の味を「放射能廃棄物のようだ」と掲載していた。  都内にある沖縄県のアンテナショップでも販売されている沖縄の郷土料理「豆腐よう」。実は今、この高級珍味を巡って思わぬ事態が。来年の4月から使われる予定の英語の教科書。外国人旅行者が沖縄を旅して豆腐ようを食べた時の感想が掲載され、問題になっている。豆腐ようの味を「放射性廃棄物のよう」と表現していたというのだ。問題の表記について、文部科学省の教科書検定では、「個人の感想であり、修正は求めなかった」としている。ただ、出版社は不快に感じるなどの問い合わせが相次いだため、この記載を削除する方針だ。最終更新:3/29(木) 18:57 テレビ朝日系(ANN)https://headlines.yahoo.co.jp/vi … 9-00000059-ann-soci================================================== 把美味的豆腐乳,形容成輻射廢棄物?要歧視琉球人也不是這樣,文部省(教育部)不僅不出面刪除,還自以為風趣,將責任推於外國人不同的看法,也真是欲蓋彌彰。也許在本島自視甚高的日本人,也是這麼認為,才會同意如此荒唐帶種族歧視的說法,列為英語教課書中。還是出版商有良心,自主性刪除。悲哀! 何時琉球能獨立,擺脫次等地位的梏至,琉球人要多努力。

更囉精彩內容只在下列—|健康食品|SEO|婦貴寶|PPLS|南極冰洋磷蝦油|台灣綠蜂膠|GOOGLE排名|蜂王漿|關鍵字排名|蜂王乳|超視王|葉黃素|神經滋養物質|保健食品|芙婷寶|智勝王|磷蝦油|網站排名

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *